ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 モード学園

夢を夢で終わらせない ファッション・メイク・デザインを学ぶ専門学校



本文のはじまりです

CROSS POINT インタビュー&レポート

MODE 未来の自分と活躍するモード学園の卒業生が「CROSS」する

対談

若槻善雄×辻井宏昌

僕たちはデザイナーの代弁者

彼らの表現したいことを明確に伝える演出
それ以上になっても、それ以下になってもいけない

主役はデザイナーであり、
服である

トップブランドのパリコレ、東コレの演出をはじめ、2005年の愛・地球博における「大地の塔」プロデュースなど、日本を代表する演出家として多彩なジャンルで活躍を続ける若槻善雄氏。演出のオファーは後を絶たず、分刻みのスケジュールで国内外を飛び回る日々だが、そんな中で若槻氏自身が常に思うのは、「演出家はデザイナーの代弁者である」ということ。「僕らの表現は、デザイナーがいることによって成り立つもの。だからブランドの世界感や作品をいかに見せるか、それを第一に考えるのが当然。インパクトを狙うあまりに演出過剰になったり、デザイナーの意図する方向から逸れてしまっては本末転倒」。自分の引き出しの中からさまざまなアイディアを提案し、ベストなアンサーを導き出すことに労力は惜しまないが、あくまでショーはデザイナーのものであり、主役は服。手掛けたショーに対して、それが自分の作品であるという意識もないのだという。

コレクションの演出の醍醐味を尋ねると、「デザイナーが作品を初めて世の中に送り出す際の、プレゼンテーションを手伝えること」という答えが返ってきた。ショーはシーズンのはじまり。半期ビジネスの行方を左右する大切なスタートであり、その分大きなプレッシャーを伴うが、「だからこそやりがいがある」と。

尊敬する先輩との出会い、そして縁

辻井宏昌氏は、そんな若槻氏に学生時代から憧れを抱き続け、ずっと背中を追いかけてきたという。スタイリストを目指してモード学園に入学するが、「スタイリストよりも表現の幅が広いことに魅力を感じて」演出家を志すようになる。当時は今のようにネットなどが発達していない時代、ファッション誌などから苦労して世界のコレクションの情報を集める中で、辻井氏の心に留まったのが若槻氏の演出だった。

在学中は同級生たちと組んでファッションショーを企画・開催するなど、アグレッシブに活動し、演出家になるという目標に向かって驀進していたという辻井氏。卒業後はサルインターナショナルに就職し、演出家としての第一歩を踏み出す。順調にキャリアを重ねてフリーランスとして活躍した後、縁あって今年から若槻氏と同じ会社に所属することになった。尊敬する大先輩の若槻氏と日常的に接するにつけ、仕事の面でも人間的な面でも学ぶことは多く、初心に戻ったような新鮮な気持ちでいるという。

辻井氏が信条とするのは、作り手であるデザイナーの気持ちを多くの人に伝えられる演出。若槻氏同様に"洋服を見せるお手伝いをする"という立ち位置を意識しながら、デザイナーとの共同作業によってさまざまなクリエイションを生み出す。そこにこの仕事の面白さ、奥の深さを感じるのだそうだ。

フィールドを世界へと広げていく

現在、DRUMCANとしては、年間100本以上のショー・イベントの演出を手掛けており、両氏とも、目の回るような忙しさの中で毎日を過ごしている。少しゆっくりできるのは、年末年始ぐらいであるとか。そんな中で、二人が見据えている次のフィールドは"世界"である。「今までは、日本人クリエイターとのコラボや海外アーティストが日本でショーを開催する際のお手伝いが多かったが、今後は、海外のアーティストの演出を、海外で手掛けることにチャレンジしたい」(若槻氏) 「日本<海外というわけではないが、海外のアーティストに呼ばれるようになることは、世界で認められたということ。そうなれるよう頑張りたい」(辻井氏)

ワールドワイドに視野を広げて、さらなるクリエイションの追求を目指していく。

※卒業生会報誌「MOGA PRESS」61号(2008年6月発刊)掲載記事

若槻善雄

1983年、ファッションビジネス学科卒業。サルインターナショナルなどでの活躍を経て、フリーランスとなり、現在は(有)DRUMCAN所属。代表的な演出は COMME des GARCONS、UNDER COVER、NUMBER(N)INE、HERMES、TAISHI NOBUKUNI、TAKEO KIKUCHIなど。2005年愛・地球博では空間プロデュースを手掛ける。

辻井宏昌

1994年、ファッションデザイン学科卒業。サルインターナショナル入社後、1996年よりフリーランスに。2008年、(有)DRUMCANのクリエイティブディレクターに就任。パリ・ミラノ・東京・ニューヨークと国内外のファッションショーの演出を手掛ける。

本文のおわりです