ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 東京モード学園

夢を夢で終わらせない ファッション・メイク・デザインを学ぶ専門学校

質問や相談、資料請求は気軽に入学相談室まで 10:00~20:00(日・祝除く) 03-3344-6000




本文のはじまりです

産学直結「ケーススタディ」

「ティム・バートンの世界」とコラボファッションコンテスト開催!審査員はティム・バートン監督本人!

産学直結

2014.08.05

  • mixiチェック
ティム・バートンの世界×東京モード学園

2014年8月5日(火)に開催された記者発表会

『シザーハンズ』、『ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス』、『チャーリーとチョコレート工場』など独特の世界観で世界的な人気を誇る、映画界の鬼才、ティム・バートン監督。2014年11月1日(土)から2015年1月4日(日)までの期間、六本木・森アーツセンターギャラリーにて、展覧会「ティム・バートンの世界」が開催されます。

この展覧会の開催を記念し、10月31日(金)に行われるオープニングセレモニーで、東京モード学園 ファッションデザイン学科とヘア・メイクアーティスト学科の学生たちがティム・バートンの「不思議で奇妙なワンダーランド」をテーマに、ファッションやヘアで表現する“ファッションコンテスト”を実施します。
このファッションコンテストの審査を務めるのは、なんとティム・バートン監督本人!! ハリウッド屈指のトップクリエイター、ティム・バートン監督が厳しくも温かい目線で審査し、“ティム・バートン賞”を選定します!

未来のファッションデザイナー、ヘア・メイクアーティストの卵たちは、鬼才ティム・バートン監督のオリジナリティ溢れる世界観をどう表現するのでしょうか!? そして、ティム監督の感性を見事刺激する受賞者は誰なのでしょうか!? 映画の世界がスクリーンからそのまま飛び出したような、ちょっと不思議で奇妙な、世界一キュートなファッションコンテストに期待ください。

「ティム・バートンの世界」

期間:2014年11月1日(土)から2015年1月4日(日)まで
場所:六本木・森アーツセンターギャラリー

独特の世界観で世界的な人気を誇る、映画界の鬼才、ティム・バートン監督。展覧会では、幼い頃から自分自身のコミュニケーション手段のひとつとして日常的に描き続けてきた彼のスケッチやデッサン、写真作品、オブジェ、手紙などの貴重資料、10代の頃に撮影した未公開映像作品など、日本初上陸の約500作品が展示され、常に世界を魅了するイマジネーションの源泉を体感することができます。

ティム・バートンの世界公式HP:http://www.tim-burton.jp/

(c) Leah Gallo 2012.

ティム・バートン

1958年8月25日、カリフォルニア州バーバンク生まれ。本名はTimothy William Burton。幼少の頃より怪獣映画やホラーに親しみ、18歳で奨学金を得てディズニーが創設したカリフォルニア・インスティチュート・オブ・ジ・アーツへ入学。卒業後はディズニー・スタジオのアニメーターとなり、『きつねと猟犬』、『コルドロン』などに参加。1982年、24歳でスタジオの創作開発課より資金を得て、モノクロの短編ストップモーション・アニメ『ヴィンセント』で監督デビュー。続いて、ケーブルTVのディズニー・チャンネルで『ヘンゼルとグレーテル』、モノクロ実写短編『フランケンウィニー』を監督。ディズニーを去った後の85年には、『ピーウィーの大冒険』で長編劇映画デビュー。この映画がヒットした事から、『ビートルジュース』『バットマン』の成功へと繋がり、独創的な映像・美術センスで多くのファンを得て、ユニークな作品を撮り続ける。

展覧会のオフィシャルサポーターには、「ピース」が就任。2014年8月5日(火)に東京で開催された記者発表会に登場した二人は、綾部祐二さんが『アリス・イン・ワンダーランド』のマッド・ハッター、又吉直樹さんが『シザーハンズ』のエドワードに扮して登場し、見事な変装を披露しました。

This exhibition is organized by Jenny He, Independent Curator, in collaboration with Tim Burton Productions.


本文のおわりです