News |

東京コレクションなど数多くのコレクションや展示会に参加。
2012年にフラッグシップショップをオープンしたファッションデザイナー真木喜久子氏に「MAC大賞」を授与。

FASHION

先日、渋谷公会堂で開催されたモード学園の卒業式で、1982年にファッションデザイン学科を卒業したファッションデザイナー真木喜久子氏に、2012年度「MAC(マック)大賞」(副賞50万円)を授与した。

「MAC大賞」は、創立以来のモード学園卒業生で構成されるMAC(MODE ACADEMY CLUB)の会が、卒業生全員の中から、その年度に最も活躍した卒業生に対して授与する賞だ。

起業やコレクション・展示会での経験をもとに、 モード学園の後輩たちに指導。

真木氏は、フリーデザイナーを経て、1993年に「株式会社 ギャルデ・コレクティブ」を設立。

1999年には東京コレクションに参加し、そのほか日仏ファッションデザイナージョイントショー パリコレクションin東京2003、ATMOSPHERE D`HIVER(パリ)、rooms LINK、TRANOI(パリ)など、国内外のコレクションや展示会など多数参加している。2012年にはブランド創設20周年を迎え、フラッグシップショップ「GARDE COLLECTIVE 代官山」をオープンした。また、モード学園では「スペシャルゼミ」の講師を毎年務め、就職やインターシップなどで後輩たちの指導にも力を入れている。

モード学園やファッション業界での経験が活きた起業

モード学園での学生生活は、デザイン画制作とショップ巡りの毎日。
新しいショップが東京にオープンすると、地元の名古屋から出かけることも。
また特別講師として海外からデザイナーが訪れると、帰り際に友達と追っかけて一緒にお茶をした。

卒業後は、ファッションデザイナーだけでなくファッション雑誌やスタイリストなど、ファッション業界で様々な経験を積み、「株式会社 ギャルデ・コレクティブ」を設立、デザイナーズブランドとして国内外で活躍する。モード学園に入学してから想い続けるファッションに対する熱意と、モード学園や社会に出てからのファッション業界での様々な経験が、真木氏の高い技術力やクリエイションに活かされている。

これから夢をかなえる皆さんへ

モード学園で教えられた「夢は必ず実現する」「継続は力なり」という言葉を今でも思い出します。私は、モード学園で夢を見つけることができ、今まで活動し続けることができました。「こうしたい、こうなりたい」と自分を想い描き、考えたことはすぐに実行しました。失敗してもあきらめずに続けて、ひとつ一つを実現してきました。夢があるからこそ次々とやりたいことが思いつき、人生が楽しくなります。

皆さんも夢を持って今しかできないことを精一杯やってください。そして、これから厳しい現実とぶつかることもあるかと思いますが、強い想いを持って続けていけば、いつか夢はかなうので、あきらめないでください。

受賞コメント

卒業校から功績を認められ、とても光栄です。これからも自分が想い描いた服で、もっと多くの人にお客さんが喜んでくれるように、さらなるステップへと進みます。

GARDÉ COLLECTIVE 代官山

  • [所在地]東京都渋谷区恵比寿西2-19-8
  • [電話番号]03-5428-8406
  • [営業時間]11:30~19:30
  • [定休日]水曜日
  • [HP]http://gardecollective.jp
  • ※真木さんの商品は、そのほか全国専門店でも取り扱っています。詳細はHPをご覧ください。