グラフィック分野 グラフィックで拓く創造の世界。

グラフィックをトータルに学び、感性や基礎力を養います。

デザイナーと言えば、多種多様な活躍の場が想定されます。グラフィックデザイナー、アートディレクター、クリエイティブディレクター、広告デザイナー、エディトリアルデザイナー、DTPデザイナー、イラストレーターなどファッションや商品制作の現場でも大いに活躍しています。しかし重要なことはデザイナーとは芸術家やアーティストではなくクリエイターであるということです。

自分の感性や技術、センスを駆使することは同じですが、モノを売ることを念頭に置いた制作が必要となってきます。ゼロからモノを作り上げる。そうした作業はテクニックだけでは完成しません。基礎力を養うことは大いに大事ですが時代の変化を柔軟に吸収できる能力や、企画構成力を磨く能力などあらゆる感性を研ぎ澄まし自分の個性も出さなければいけません。皆さんが今を駆け抜けるクリエイターに育つよう応援します。

目指せる仕事

グラフィックデザイン

  • 広告・グラフィックデザイナー

    雑誌・ポスターなど、紙媒体を主に手がける。クライアントの要望を理解し、消費者に有効的に伝えるビジュアルデザインを構築する企画力を要する。

  • アートディレクター

    広告制作や雑誌のリニューアル時において、デザインコンセプトを定め、ディレクションを行う仕事。実務者への指示やクオリティ管理能力が不可欠。

  • クリエイティブディレクター

    テレビCMなど広告制作の際、企画立案・進行管理・クリエイティブ管理を統括する責任者。注目を集める作品を創り上げる現場監督として、コミュニケーション力は必須。

  • パッケージデザイナー

    パッケージデザインで商品の売れ行きが大きく変わることも多く重要な仕事。商品のターゲットやブランドのイメージ、商品と使用する素材の相性などをプランニングし、内容や魅力をユーザーに伝え購入に結びつくデザイン力が必要。

エディトリアルデザイン

  • エディトリアルデザイナー

    雑誌・書籍など、ページ物の紙媒体をデザイン・制作する。イメージや企画に合ったデザインと、読者に伝わるページ構成を実現するためには、経験と専門知識が重要。

  • DTPデザイナー

    グラフィック用のソフトを使って、コンピュータで出版物をデザインする。文字・イラスト・写真をレイアウトしたデータを作成し、印刷の品質管理までを行う。

イラストレーション&アート

  • イラストレーター

    挿絵画家という補助的な役割ではなく、訴求力を発揮する重要な表現者として、一分野を確立している。出版・広告界には欠かせない存在。

  • キャラクターデザイナー

    グッズや広告をはじめとする、あらゆるジャンルのキャラクターを創作する人。商品の人気を左右する重要な役割を担うため、オリジナリティが求められる。

CGデザイン

  • WEBデザイナー

    インターネットのホームページを制作するHTMLなど基本的なプログラミング知識が不可欠。ネットワークの進化と普及率により、活躍の場は無限に広がっている。

グラフィック分野の仕事を目指せる学科

オープンキャンパスでモード学園のすべてを確かめてみよう!

校舎見学や入学相談は毎日実施しています。

CONTACT

モード学園で目指せる仕事