『産学直結ケーススタディ』

ベイクルーズ、サマンサタバサ、バロックジャパン・・・14社のプロが学生企画・制作ブランドを評価!

タグを見る

学生が起業することを想定して独自のブランドをゼロから企画・制作し、業界のプロに向けて発表会と模擬受注会を行う「オリジナルブランド ファッションショー&受注展示会」。企業と連携した実践的教育プログラムとして、今年も名だたるアパレル企業、セレクトショップ、百貨店など14社の方々に、審査及びバイイングのシミュレーションを行っていただきました!


学生たちは、数ヵ月にわたって準備してきた自分たちのブランドを全力でアピールし、バイヤー役を務めていただいた業界のプロの方たちとの”商談”を次々と成功させました。憧れのブランドや企業の方たちから直接アドバイスをいただき、現場で大切なことを社会に出る前に学ぶ貴重な経験となりました。

審査員・バイヤー役を務めていただいた企業の方々の講評

・当社の店舗にすぐ置けるものがたくさんありました!
・単なる柄に見えていたものそれぞれにエピソードがあり、店頭での「売りやすさ」の工夫を感じました。
・手刺繍、プリントなどこだわりの部分の費用をきちんと価格に反映するよう見直すと良いと思います。
・プリント加工のレザー、フォトプリントの裏地などユニークな工夫があり面白かったです。
・ファッションショーの映像や音響効果もスピード感があり各ブランドのイメージに合っていました。

参加いただいた企業(50音順)

  • 株式会社アーバンリサーチ
  • 株式会社上野商会
  • 佐藤正株式会社
  • 株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド
  • 株式会社サンエー・ビーディー
  • 株式会社ジェイアール東海髙島屋
  • 株式会社ジャパンイマジネーション
  • 有限会社ティ・スタイル
  • 株式会社東京スタイル
  • 2月
  • 株式会社バロックジャパンリミテッド
  • ヒロタ株式会社
  • ベイクルーズ グループ
  • 株式会社ヤマダヤ

ファッションショーの演出には、その他の学科の学生も参加。名古屋モード学園ならではの華やかなコラボレーションとなりました。


企業の方々は、作品を審査しながら「買い付け」を実施。その売上げ金額で見事1位に輝いたのは・・・
レディースブランド「Vaganza(バガンザ)」。コンセプト、ルックのバリエーション、素材使いを含め様々な面で高評価を受けました!