『産学直結ケーススタディ』

今夏最大級ランニングフェス『モンスターナイトラン』に、名古屋モード学園生がヘアメイクスタッフとして参加!

タグを見る

リトルワールドにて開催された、テレビ愛知主催の今夏最大級のランニングフェス『モンスターナイトラン』。3,000人が参加するこの大規模イベントに、名古屋モード学園の学生がヘアメイクスタッフとして参加、ランナーにメイクを施しイベントを元気に盛り上げました!
当日は、グループ校であるHAL名古屋・名古屋医専の学生もモンスター役としてイベントに参加、計300名以上の学生たちがイベントに参加しました。


『モンスターナイトラン』は、ランナーがモンスター役もしくはニンゲン役を選んで参加し、モンスター役がニンゲン役を追いかけながらゴールを目指すというスリル満点のランニングフェス。

参加者は思い思いのコスチュームでランに参加し、一斉にゴールを目指します。


モンスター役と、モンスター役に捕まったニンゲン役は、メイクと仮装によって恐ろしいモンスターの姿に変身します。学生たちはアイシャドーや血のりを巧みに使い、授業で身に着けた様々な技法を駆使して、「火傷あと」「切り傷」「あざ」など生々しい傷痕メイクを参加者に施します。

メイクを施された参加者は、恐ろしいモンスターの姿へと大変身!ばっちり決まっています。



日が暮れ辺りが暗くなるに連れ、恐怖心はますます高まります。学生たち扮するモンスターが迫真の演技で参加者を脅かし、コースの至るところから悲鳴が。




ゴール後にはアーティストによるライブパフォーマンスも披露され参加者のボルテージは最高潮に!大盛り上がりのままイベントは終了しました。

授業で培った自身の技術を披露することで、参加者を笑顔にすることが出来、学生たちにとって目指す職業の素晴らしさを改めて実感する機会となりました。学生たち自身もイベントを大いに楽しみ、忘れられない夏の思い出となりました。