特別講義

独特の“ひねりのあるクラシックスタイル”で世界中の若者を魅了しているブランド「Paul Smith」から、デザイナーのポール・スミス氏本人が本学園に来校しT.O.L.講義を行いました。
昨年は、ブランドとしては日本で「ポール・スミス展」を開催し、個人としてもフランスの最高勲章であるレジオン・ドヌール勲章を授賞するなどして大きな話題となりました。
世界のトップデザイナーのデザインワークをポール・スミス氏の言葉と共に紹介していきます。

インスピレーションの源泉-YOU CAN FIND INSPIRATION IN EVERYTHING-
芸術、音楽、建築物、旅行などからインスピレーションを受けています。受け手のとらえ方ひとつで、全てのモノからインスピレーションは得ることができます。


夢と現実のバランス-FRIDAY AND SATURDAY ONLY-
最初に持った店舗はわずか「3m×3m」のスペースしかなく、営業日は金曜日と土曜日のみで、それ以外の日は生計を立てるために働いていました。今のポジションになるまでの道のりは決して容易ではありませんでした。


独自性-MAKE ROOM TO BREAK THE RULES-
自身に余裕を持つことで視野が広がり、クリエイターとして不可欠な独自性が生まれてきます。「Paul Smith」ブランドのアイコンでもあるストライプ柄は、段ボールに糸を巻きつけることで誕生しました。


仕事の選択-DO THINGS THAT ARE RIGHT, NOT WHICH ARE EASY-
楽な道への選択ではなく、自身にとって正しい選択をしなさい。その積み重ねがあるブランドは、商品やディスプレイに至る全てにおいて作品に対する熱を感じることができます。


多くの学生の書きとめていた言葉の1つ“YOU CAN’T DO IT WITHOUT DOING IT(行動をしなければ何も始まらない)”は、これから様々な経験を積んでいくプロのたまごの背中を力強く押してくれることでしょう。
また、学生たちからは、講義をして下さったポール・スミス氏へ似顔絵の入ったポロシャツとトートバッグをプレゼントさせていただきました。