MODEニュース

2016年度春期卒業式が、日本特殊陶業市民会館で盛大に行われました。


卒業証書授与に加えて、数多くのコンテストで賞を受賞した学生に贈られる「クリエイター・オブ・ザ・イヤー賞」が発表されました。
2016年度の「クリエイター・オブ・ザ・イヤー賞」として表彰されたのは、これまでに学外コンテストで11賞を獲得したファッション技術学科の後藤凪さん。後藤さんは国内最大級のコンテスト『2016 Tokyo新人デザイナーファッション大賞』で準グランプリ受賞、『第16回YKKファスニングアワード』でYKK特別賞受賞、『第15回YKKファスニングアワード』で入選など、といった輝かしい実績を収めたてきました。


そのほかユニークな才能を持つ学生に贈られる「ユニーク賞」に選ばれたのは、ファッションデザイン学科のチェン・ソウイーさん(留学生/マカオ出身)とインテリア学科の鈴木花衣さん。
チェンさんは、プロのヘアメイクアーティストとして活躍していた経験を活かし、コンテストやファッションショーにおいてはヘアメイクからファッションに至るすべてを自身でこなしてきました。
芸術一家に生まれた鈴木さんは、幼い頃より習っていた生け花の要素を取り入れた作品で、学内外のコンテストで様々なタイトルを獲得してきました。
 卒業を迎えられた学生の皆さんがこれからプロとして飛躍を遂げてくれることを、心より期待しています。


また、2016年度もっとも活躍した卒業生に贈られる『MAC大賞※』が、ファッションデザイナーとして世界的に活躍されている西崎暢さんに贈られました。※モード学園創立以来の卒業生で構成される卒業生会『MODE ACADEMY CLUB』が、その年度に最も活躍した卒業生を選んで授与する賞。

MAC大賞 【副賞:50万円】


西崎 暢 / 『Ujoh』デザイナー

卒業後、ヨウジヤマモトに入社しパタンナーとして7年間勤務した後、2009年に独立し『Ujoh』を設立。
2015 年春夏の東京コレクションで「DHLデザイナーアワード」を受賞、またVOGUE ITALYが主催するスカウトコンテスト「Who is on next? Dubai」でファイナリストとして選出されました。
2016年秋冬には日本のウィメンズブランドとして初となるジョルジオ・アルマーニの支援を受け、2016-17年秋冬ミラノ・ファッション・ウイークに初参加。
パタンナー視点によるクリエイションは、本質的なテーラーリングや大胆なカッティングなど布の理にかなったデザインを独創的なバランスで創り出し、世界での活躍が有望視される若手の新鋭ファッションデザイナーとして大きな注目を集めています。