圧倒的なコンテスト実績

美容の資格試験制度における国際標準を推進しているグローバルな団体ICAM(International Cosmetic & Aesthetic Management)が主催する「ICAMメイクアップフォトコンペティション2017」でメイク・ネイル学科の西岡鮎香さんが見事グランプリを受賞しました!
ファイナリストに選出された21名のうち西岡さんを含む11名 (うちグランプリ1名・ゴールド2名・シルバー2名)をモード学園生が占めました!※モード学園(大阪・東京・名古屋)3校の実績

受賞者は、パリコレクションやToni&Guyなど最先端で活躍するヘアメイクアップアーティストから直接講義を受けられる「ICAMプロフェッショナルメイクアップセミナー」へ参加費無料で招待されます。
今年のテーマは、アーティスティックメイクアップ部門が「memory~記憶~」、ビューティメイクアップ部門が「party~祭~」。学生たちの個性あふれる作品をご覧ください!


<アーティスティックメイクアップ部門> グランプリ

メイク・ネイル学科
西岡 鮎香
タイトル:Nostalism

◆受賞コメント
モノクロな思い出をメイクで、鮮やかな思い出をヘアのカラーフィルムで表現しました。
目元のグラデーションやリップラインを特に丁寧に仕上げました。入学当初はアイディアが思い浮かばず苦労しましたが、これまでの授業やコンテストの積み重ねが受賞につながりました。

 


<アーティスティックメイクアップ部門> ゴールド

メイク・ネイル学科
古川 愛梨
タイトル:Breakthrough

◆受賞コメント
真っ黒な頭の中で過去の様々な思い出が飛び交い、合わさっていく様子をイメージしました。髪や首周りにも蛍光塗料をつけ、体全体で表現し、自分の中にあるイメージを形にすることができました。



<ビューティメイクアップ部門> ゴールド

メイク・ネイル学科
丸山 美紀
タイトル:Swim in the light

◆受賞コメント
祭の提灯や屋台の電球に照らされ水中を泳ぐ金魚の美しい姿を表現しました。
目元から広がる赤とオレンジのグラデーションや、尾びれに見立てた髪の毛など、赤がいかに映えるかを意識しました。先生方に色やウェットな質感を表現するためのアドバイスをいただき、作品に反映することができました。

<ビューティメイクアップ部門> シルバー

メイク・ネイル学科

簡 韶儀

タイトル:Paradise Fireworks

<アーティスティックメイクアップ部門> シルバー

ヘア・メイクアーティスト学科

篠田 光里

タイトル:My Time