圧倒的なコンテスト実績

Tonya EXPOと岐阜シャツが主催する「全国学生ファッションデザインコンテスト」にて、ファッションデザイン学科 鈴木芹奈さんがグランプリ、チェン・イエンヤンさんが審査員特別賞を受賞しました!グランプリを受賞した鈴木さんには、副賞として自身のデザインしたシャツが商品化されるとともにイタリア研修旅行6日間が贈られました。※モード学園(大阪・東京・名古屋)3校の実績

同コンテストは、岐阜の名産品「美濃和紙」を利用してつくられた「岐阜シャツ」と、岐阜市問屋町のまちおこしイベント「Tonya EXPO」がコラボレーションしたものです。岐阜市とイタリアのフィレンツェ市が姉妹提携都市を結び40周年を迎えることから、「フィレンツェ」のエッセンスをテーマに、全国のファッションデザインを学ぶ学生からデザインを募りました。

  グランプリ(岐阜シャツ賞) [副賞:シャツ商品化・イタリア研修旅行6日間]

ファッションデザイン学科 
鈴木 芹奈
タイトル:WORK×COOL “WORKOOL SHIRT”
コメント:家族のために汗水を流して働く、サラリーマンに向けてデザインしました。登山などのワークウェアからディテールを取り入れ、機能性はもちろんのことOFFの日でも着たくなるような、“COOL”なデザインを意識しています。気分に合わせて柄や色などを付け替えられる襟がポイントです。

   審査員特別賞

ファションデザイン学科
チェン イエンヤン
タイトル:Cool×Cooler
コメント:Cool(涼しくて)×Cool(カッコいい)、2つのCoolを青のグラデーションで表現しました。ビジネスシーンでも受け入れられる都会的な雰囲気の中に、岐阜の伝統工芸である美濃和紙の曲線美とクーラーの流れるような形状を組み合せました。

  一次審査通過
ファッションデザイン学科 高度専門士コース 増田 真由
ファッションデザイン学科 高度専門士コース 西尾 友里
ファッションデザイン学科 山部 祐貴
ファッションデザイン学科 杉本 莉菜
ファッション技術学科 ケイ ウヨー