圧倒的なコンテスト実績

部門トップの最優秀賞を受賞!『倉敷ファッションフロンティア2015』

タグを見る

全国から計3,309点の応募があった『倉敷ファッションフロンティア2015』で、ファッションデザイン学科 高度専門士コースの永江幸平さんが、ユニフォーム部門トップの最優秀賞を受賞!さらにジーンズ&カジュアルウェア部門では、同学科の山村龍士さんが奨励賞、卒業生の名嘉真絹子さんが企業特別賞を受賞。個性的な作品が高い評価を受けました!

20回目を迎えた『倉敷ファッションフロンティア』の今回のテーマは、『Smart Style ~スマカジ・スマユニ~』。今の時代に合ったSmartさを、ユニフォーム部門・ジーンズ&カジュアルウェア部門それぞれの中で柔軟な発想でデザインすることが求められました。

最優秀賞(中国経済産業局長賞)【副賞:5万円】

<ユニフォーム部門>
ファッションデザイン学科 高度専門士コース
永江 幸平

タイトル
法服

作品説明
過去の判例を元に「法の網」は密になっていく。「法の網」をカナディアンスモッキングで表現し、膨らみを持たせることで、ジャッジガベル(小槌)を創造する。正しい裁判を下す法曹の新しいユニフォームを提案。

受賞コメント
制作過程では、スモッキングの作業が大変でした。ユニフォーム部門の頂点に立ててとても嬉しいです!


奨励賞(倉敷市長賞)【副賞:2万円】

<ジーンズ&カジュアルウェア部門>
ファッションデザイン学科 高度専門士コース
山村 龍士

タイトル
Method of perfect

作品説明
帯状に裂いたデニムを並べ、使う程にやわらかさがでるよう工夫したデザイン。

受賞コメント
デニムが思ったより重く、デニムのフリンジに苦労しました。多くの人に助けられてこのような賞をいただくことができ、感謝します。

企業特別賞(岡山県アパレル工業組合理事長賞)【副賞:1万円】

<ジーンズ&カジュアルウェア部門>
ファッションデザイン学科 卒業生
名嘉真 絹子

タイトル
エレベーターガール

作品説明
コート・ケープ・ワンピースをひとつにまとめた服。後ろが長いのはチカン防止。正面はエレガントな見た目でご案内してエレベーターという密室で、他者からの視線を気にしないでいられるデザイン。帽子も同じでツバをレースでおおっているデザイン。