特別講義

世界的建築家に学生デザインの家具を直接プレゼン!

タグを見る

イタリアを代表する世界的建築家のセルジオ・カラトローニ氏をお招きして特別講義を行いました。
カラトローニ氏は、建築物だけでなくインテリア、アート、写真など、幅広い分野で活動され、株式会社資生堂にて海外事業部 クリエイティブディレクターを務めた際には、パッケージデザインでグッドデザイン賞、ロンドン国際広告大賞などを多数受賞されました。現在は、本国イタリアを中心に世界各国で活躍しています。

 

◆機能に付加価値を
「デザイン」とは、①技術②機能③感情に訴えかけるものがそろってこそ成立するという定義に対して、陶器の歴史を例に分かりやすく説明していただきました。
当初は水入れの用途のためだけにつくられましたが、時代ごとに変化していき、今ではアートや彫刻としても評価されています。

◆デザインはパッチワーク
デザインはゼロから始めるものではなく、様々な要素を組み合せて1つのシンプルなものを生み出す必要があります。
自然が好きなカラトローニ氏は、要素のもととなるアイディアを自然の中を歩きながら得ることが多いと語ってくれました。

◆ロングセラー商品の制作秘話
カラトローニ氏が学生たちと同年代の頃にデザインし、今なおロングセラーとなっている照明器具の制作秘話を教えていただきました。
種から花が開くストーリーを持った照明は、自由に曲がるガスチューブから着想を得て、チューブを植物に見立てたことがきっかけで誕生したそうです。