特別講義

卒業生による特別講義!FACTOTUM・ファッションデザイナー×コクヨ・インテリアデザイナー/プロダクトデザイナー

タグを見る

FACTOTUM ファッションデザイナー有働幸司氏とコクヨ(株)インテリアデザイナー兼プロダクトデザイナーを務める宮田久嗣氏。
モード学園の同級生コンビによるコラボレーション・スペシャルゼミを実施しました。


◆有働幸司 (写真左) プロフィール

卒業後、BEAMSに入社。その後、英国留学やメンズファッションブランド・ラウンジリザードの設立を経て、2004年FACTOTUMを設立。2007年東京コレクションでデビューし、2014年には「TOKYO FASHION AWARD 2015」にて受賞デザイナーに選出され、海外進出も加速する。2016年3月、六本木ヒルズ展をオープンさせるなど、現在の日本メンズシーンにはなくてはならない存在である。

◆宮田久嗣(写真右) プロフィール

インテリア学科卒業後、デザイン会社で有名アパレルのディスプレイや展示会のデザイン・バーの設計などを経験後、渡伊。インダストリアル・デザインを学ぶかたわら、欧州製ビンテージ・プロダクトのバイヤーを務める。帰国後はフィールドを広げ、建築・インテリア・プロダクト・グラフィックまでデザインに境界をつくらないスタンスでマルチに活躍中。


講義では、学生生活の様子から現在に至るまでの経緯とワークスタイルを自身の経験を元に話していただきました。また、お2人とも「人とのつながり」と「行動力」の大切さについて強調して話されており、個々のモチベーションが高まる講義となりました。クリエイターを目指す学生たちは自身を重ねながら熱心に聞き入っていました。