先輩の声

留学生の声「未経験だった私が学内コンテストで金賞獲得」

タグを見る

グリネービチ・エカテリーナ

ロシア出身 インテリア学科 2年

小さいころの夢を思いださせてくれた、 モード学園の体験入学

日本に来たきっかけ

父が日本と関係の深い貿易会社ではたらいて、小さいころから日本の話をよく聞いていたので、自然と日本の文化に興味を持つようになりました。大学では日本のことを学びたいと思い、ロシアにある大学の日本学部に進学し、卒業後来日。日本語学校で勉強をしながら、仕事をさがしていました。最初は通訳・翻訳家になろうと思っていましたが、「これは自分が本当にやりたい仕事ではない」と気づき、どうすればいいのかわからなくなり、迷ってしまいました。

モード学園に入ったきっかけ

そんなとき、たまたま友人に声をかけられ、モード学園の体験入学に一緒に参加しました。参加するまでは、モード学園が何の学校なのかすら知りませんでしたが、「このすごいビルの中を見てみたいな」という軽い気持ちで参加しました。校舎の中を見学し、学校の設備・環境、展示されているインテリア学科の学生作品の数々を見ているうちに、忘れかけていた「インテリアのデザインがやりたい」という子どもの頃に抱いた夢を思い出しました。自分にはインテリアに関する知識はないし、絵や設計図を描くスキルもない。しかし、自分の中に生まれた「やってみたい」という大きな気持ちに突き動かされ、入学を決意しました。

留学生も安心!モード学園での学校生活

モード学園に入学してよかったこと

毎日の授業がとてもおもしろく、学べば学ぶほどデザインへの興味は大きくなっていきます。小学校から14年間勉強をしてきましたが、こんなに勉強が楽しいと思ったのははじめてです。課題はむずかしいですが、成長するために必要なものですし、前向きにがんばっています。

学校生活

入学前は友達ができるか心配だったのですが、すぐに友達ができました。クラスメートはいつもやさしく、休みの日にはよく一緒に遊びます。みんな「デザインが好き」という共通点があるので、話も盛り上がります。とてもいい環境で勉強ができていると思います。
また、先生もとてもやさしいです。私のクラスは約半分が留学生なのですが、留学生にもわかるようにかんたんな言葉で、何回もわかりやすく説明してくれます。学校や勉強のことはもちろん、日常生活やそのほかのことに関しても、親切に相談にのってくれます。

未経験だった私が学内コンテストで金賞獲得

今後やってみたいこと

日本でデザイナーとして就職したいです。住宅とショップのデザインに一番興味がありますが、最近は車の内装のデザインにも興味が出てきました。ここで学んでいると、自分のできることが日々ふえていくので、やりたいこともどんどんふえていきます。

モード学園で学ぶ留学生としてひとこと

自分の中にやりたいと思う気持ちが少しでもあるなら、絶対にチャレンジしてください!モード学園には、無駄な授業はひとつもないですし、先生がしっかりサポートしてくれるので留学生も安心ですよ。 未経験者だった私でも、絵がかけるようになり、デザインができるようになりました。学内コンテストでも金賞をいただきました。「がんばれば何でもできるようになるんだ」と実感しています。
みなさんも自分の夢を大切にしてくださいね!