先輩の声

留学生の声「ブライダルメイクアップアーティストとして内定!」

タグを見る

トウ・コウエン

中国・内モンゴル自治区出身 メイク・ネイル学科
日本のヘアサロンにてブライダルメイクアップアーティストとして内定 (ツルミ美容院)

自分の好きなことを仕事にしたい。
10年間思い続けた夢を実現するためモード学園に入学。

日本に来たきっかけ

日本に興味を持ったきっかけは、私の故郷である内モンゴルで日本語教室を開いている友人に勧められたからです。その友人は以前、10年以上日本で暮らしていた経験がある方で、「日本は安全でとても暮らしやすい国だよ」「日本の人たちはみんな礼儀正しかった!」と、よく私に日本の魅力を話してくれました。その友人の影響で日本に憧れるようになり、大学を卒業後に日本へ留学し、まずは日本語学校に通いました。

モード学園に入ったきっかけ

実は、日本に来た頃は、どんなことを学びたいのか、どんな仕事に就きたいのかといった具体的な目標があったわけではありませんでした。そんなとき、日本で会社員として働いている内モンゴル出身の友人から、モード学園という学校があることを教えてもらいました。始めはどんなことを学べる所なのかも知りませんでしたが、インターネットで調べるうちに、中学時代の自分の夢を思い出したのです。当時の私は、よく妹の髪を結んだりアレンジするなど、「人を可愛くすること・綺麗にすること」が好きでした。好きなことを仕事にできたら、きっと頑張れそう。モード学園に入れば、10年間思いつづけてきた夢がかなえられるはず。そう確信し、入学を決めました。

ブライダルメイクアップアーティストとして内定
私の適性を見抜き、育ててくださった先生に感謝

先生について

「トウさんはブライダルメイクに向いているね。」先生からこんな言葉をいただいたのは、2年生の春頃でした。メイク検定の試験対策の授業を受けていたときに、私が道具を丁寧に扱う様子や、モデルさんに細やかに気遣いする様子を見て、私の適性を見抜いてくださったのです。「人を綺麗にすることで、喜びや幸せを提供したい」という想いを持っていた私にとって、先生のその言葉はとても大きな自信になり、「ブライダルメイクに携わりたい」という具体的な目標ができました。

就職指導について

モード学園の魅力はなんといっても、留学生向けの就職サポート制度がしっかりしていること。先生方が学生ひとり一人の適性に合った就職先を紹介してくださったり、面接に向けての練習にとことん付き合ってくださいます。また、日本企業で働く上で必要なルールやマナーも入学時から徹底的に教わります。例えば、遅刻は絶対に許されないことだということや、人の話を聞くときに相づちを打ったり頷いたりすることの大切さも、モード学園に入学してから身につきました。こういった日々の指導のおかげで、私が一番就職したかったブライダルメイクが出来る美容院から内定をいただくことができました。

就職先と今後の目標について

私が内定をいただいたツルミ美容院は、横浜にあるブライダルメイクを中心とした、歴史ある美容院です。先日、実際の結婚式でヘアメイクのお手伝いをしたのですが、花嫁さんやご親族のお客様を大切にする姿勢を働きながら学ぶことができ、ブライダルメイクアップアーティストの仕事の素晴らしさをより一層実感しました。今後の目標は、技術を高めて、1日も早く会社の一員として貢献することです。日本での就職が決まったときに自分のことのように喜んでくれた両親のためにも、全力で頑張ります。

モード学園で学ぶ留学生としてひとこと

専攻している学科の知識や技術だけでなく、ビジネスで必要なルールやマナーを学ぶことができるのは、モード学園ならではの魅力だと思います。私のように日本のことが大好きで、日本で就職して活躍したいと思っている留学生にとって、モード学園は頑張った分だけ必ず結果が出る最高の環境です。メイク・ネイルの知識がゼロの状態から日本の美容院に就職できた私が、自信をもっておすすめします!