学生作品「Student Works」

IMAGINE TALENTS 2015(イマジンタレント2015)発表作品

タグを見る

この作品は、ファー素材において世界最大規模の取り扱いを誇る団体「コペンハーゲンファー」が主催するファッションショー、「IMAGINE TALENTS 2015(イマジンタレント2015)」に、日本代表としてモード学園から3名が招待を受け発表した作品です。

作者名

阿部 光希 /ファッションデザイン学科
釣場 なつみ/ファッションデザイン学科 高度専門士コース
林 穂高/ファッションデザイン学科 高度専門士コース

作者コメント

阿部 光希(作品:下写真2枚目)
想像していた100倍の規模 (会場、モデル、メイク、集客、ジャーナリストの人数、周りのレベル、演出)で感動しました! おそらく、東京コレクションをはるかに超える規模だと思います。 また、ファーの加工行程や伝統、作り手の思いなど深いところまで知り、自分も日本の技術や日本でしか作れないものをもっと理解して、それを服づくりに活かすべきなのだと強く思いました。この機会を与えてくれた先生方に心から感謝します。

釣場 なつみ(作品:下写真3枚目)
私たち日本代表は赤を多く使い、とても個性的との評価をいただきました。他の国の学生はナチュラルカラーやモノクロなものが多く、またファーを生かすために異素材を積極的に使っていたのも印象的でした。国が違えば感性もデザインも変わるということを体感することができて、とても良い影響を受けることができたことに感謝します。

林 穂高(作品:下写真4枚目)
今回のプロジェクトを通じて、計り知れないほどの経験を得ることができました。世界を目指すために、今の自分に足りないものが何かを知ることができたと思います。この経験を活かして、今後も日々精進して行こうと思います。この企画に携わっていただいたすべての方に感謝します。

※学科名・学年は作品制作当時。内定先は卒業年次、就職先は卒業時の実績。