学生作品「Student Works」

モード学園生がデザインしたHEP FIVE受付スタッフのユニフォーム

タグを見る

大阪梅田のランドマークとして知られるファッションビル、HEP FIVE。そのインフォメーションスタッフのユニフォームをモード学園生がデザインし、ファッションデザイン学科 高度専門士コースの大妻千夏さんと小森恵里華さんが共同で作成したデザインが採用されました。

コンセプト

このユニフォームを着用するスタッフの方々にとって大切な「思いやり」を花言葉に持つチューリップがデザインのテーマ。チューリップの花びらを連想させるような丸みのある形にし、清潔感のあるスッキリとしたデザインにしています。HEP FIVEの象徴的なカラーである赤白をベースにし、ボタンやバックルといった付属には金色を用いて女性らしさや高級感も演出しました。