MODEニュース

なぜ大学生が専門学校にWスクールするのか。-夜間コース学生座談会-

タグを見る

大学・短大に通いながら自分の夢をかなえるため、希望の職種に就くため、専門学校に再進学する人が増えています。大阪モード学園にも2015年度、たくさんの高校既卒者が入学しました。


今回は、再進学やWスクールを検討している多くの方が抱く悩み、「大学とモード学園での勉強は両立できるの?」
「夜間コースでも就職はできるの?」「知識・技術がゼロでも入学できるの?」など解決するため、
大学とWスクールで大阪モード学園の夜間コースに通う在校生の座談会をお届けします。


大月 怜
プロ直結コース 
ファッションビジネス学科2年
大阪学院大学在学中(4回生)
ELGC株式会社(M・A・C)内定

滝井 大介
キャリアアップコース 
ファッション学科1年
関西外国語大学在学中(1回生)

森 真都
キャリアアップコース 
ファッション学科1年
関西外国語大学在学中(1回生)


=インタビュアー=
大阪モード学園教務部教員 
北島 太士 先生
元 株式会社ローグ バイヤー
大阪モード学園 プロ直結コース
ファッションデザイン学科卒業

北島先生
大阪モード学園には、大学や短大で勉強しながら、仕事やアルバイトで収入を得ながら学ぶ学生がたくさんいます。世代も幅広く、20代を中心に10代から50代まで在籍しています。


週2、3日の集中型授業。だから、昼間に大学やアルバイトしながら学べる

北島先生
皆さん昼間は何をしていますか?

滝井 大介
私は大学で語学を学んでいます。 元々ファッションが好きで専門学校への進学も考えたのですが、両親の勧めもあって大学へ進学しました。ですがどうしてもファッションへの道をあきらめきれなくて、夜間コースでWスクールしています。夜間コースの学費はリーズナブルなこともあり、アルバイトで負担しています。<滝井さんの1週間の過ごし方>

森 真都
私も高校が進学校だったため、高校の先生からの強い勧めがあり大学へ進学しましたが、滝井くんと同じくデザイナーへの想いを捨てきれず、Wスクールしています。

大月 怜
私も大学に通っています。入学時から大学も大阪モード学園も、どちらも同時に卒業することを計画し、大学1~2回生でほとんどの単位を取り、3回生の時にWスクールを始めました。今は大学へはほとんど行く必要がないので、昼間はショップのVMDと化粧品メーカーのビューティアドバイザー、2つのアルバイトで自分のスキルを高めています。

北島先生
大学に通いながら、皆さんは限られた時間を上手に活用して「好きなこと」を勉強できているのですね。

再進学とWスクールは、就職に有利。

北島先生
Wスクールをして大阪モード学園で学び、夢に近づけましたか?

大月 怜
もともとファッションとメイク両方に興味があり、ファッション分野だけでなくメイク・ネイル分野の学科があることが魅力で大阪モード学園に入学を決めました。
ショップのVMDと化粧品メーカーのビューティアドバイザーのアルバイトを通じて、ファッションビジネス学科で学んだことをメイク分野で活かしたいと思い、メイクの先生に相談し、アドバイスを受けM・A・Cでの内定を獲得することができました。

森 真都
私は大学で米英語を専攻して、将来は語学力を活かして海外にも通じるファッションの仕事をしたいと思っています。そのため、プラスαのスキルとしてファッションに特化したフランス語も身につけたくて、短期スキルアップコースのフランス語会話科も受講しています。実は4月からは大学を休学して、モード学園の勉強に専念し、2年生から昼間コースへの進級を考えています。

北島先生
大学とのWスクールは決して簡単なことではありませんが、皆好きなことや将来就きたい仕事のために頑張っています。今の時代、大学を卒業しても希望の就職が実現できなかったりするため、就職浪人するよりも、専門学校に再進学し、新卒求人に再チャレンジして夢を実現する方法もあります。モード学園は再進学を検討する皆さんを応援しています。まずは相談してみることから、再スタートをはじめてみませんか?