『産学直結ケーススタディ』

東京モード学園生が新宿ミロードをハロウィン一色にデコレーション

タグを見る

新宿駅上の商業施設「新宿ミロード」のハロウィンイベント『HALLOWEEN CREATION GALLERY』にて、株式会社小田急エージェンシーとの産学連携プロジェクトとして、スタイリスト学科、グラフィック学科、メイク・ネイル学科が館内装飾からイベントの企画・運営までを担当しました。
学生たちは“新宿ミロードJOY! HALLOWEEN”をテーマに、20代前半の女性をターゲットとし、思い思いのハロウィンの世界観をファッションやグラフィック、ヘアメイクで表現しました。第1弾から第3弾に渡って行ってきた様々な取組みをぜひご覧ください!

🎃 第1弾企画 ART GATE (10/1-10/31)
10月の1ヵ月間にハロウィン仕様に様変わりするエレベータードアのデザインを、昨年に引き続きグラフィック学科の学生たちが担当しました。
学生たちはそれぞれの店舗や購買層を基に、1階~6階の全18枚のエレベータードアを各フロアのイメージに合わせたクリエイティブあふれるハロウィンアートにデザインしました。

🎃 第2弾企画 WINDOW JACK (10/15-10/31)
モザイクトンネル内のショーウィンドウの3面ディスプレイを学生たちによる8コーディネートのハロウィン衣装と壁面ディスプレイがジャックしました!
メイク・ネイル学科がメイクを施したマネキンに、スタイスト学科が製作したハロウィンファッション、グラフィック学科によるオリジナルデザインのグラフィックウォールが合わさり、モザイクトンネルを華やかに彩りました。

🎃 第3弾企画 HOLLOWEEN PARADE (10/20)
スタイリスト学科が企画・運営をメイク・ネイル学科がヘアメイクを担当した1日限定のハロウィングリーティングイベント。学生が28体のお化けに扮して館内をパレードし、来館されたお客様にお菓子をプレゼントしました。
お化けたちの衣装は、第2弾企画「WINDOW JACK」で製作したショーウィンドウのコーディネートに加え、新たに20コーディネートの衣装がお披露目されました!当日は雨にもかかわらず、2,000名の方にお菓子を直接手渡すことで多くの方に今回の取組みを知っていただくことができました。