『産学直結ケーススタディ』

325人の不動産のプロに選ばれた“読書の秋”に最適なひと部屋

タグを見る

株式会社レオパレス21との産学連携プロジェクトとして、インテリア学科の学生たちがレオパレス21のモデルルームをデザインしました。
学生ならではの視点で「自由な発想で“真似したくなる”DIYデザイン」をコンセプトとしてデザインした内装に、同社の人気サービス『my DIY』を活用して個性あふれるひと部屋に仕上げました!

この度、数ある作品の中からレオパレス21の社員投票によって、20代前半の読書好きな女性をターゲットとした『Book Box House-1つのBOXからすべてが始まる-』が325票を獲得し、最優秀賞に輝きました。
『Book Box House』では、ものがあふれがちな一人暮らしの悩みをデザインによって解決しました。デザインされた部屋は受賞者によってDIYが施され、レオパレス21のモデルルームとして公開されています。

Boxを組み合わせることで個々の嗜好に合せたインテリアを自在につくることができるアイディアとなっているので、年齢・性別・趣味などにとらわれず幅広いニーズに対応することができるひと部屋になっています。お部屋のレイアウトの参考にもぜひご覧ください!

 最優秀賞 [副賞:4万円]

🏠 読書好きな女性向けレイアウト

インテリア学科
橋本 哲周 / フランキー 林 涌勝 / 楊 浩 / 李 泓汐
タイトル:Book Box House-1つのBOXからすべてが始まる-
コメント:本などの収納ツールとして、数や量に合せて増やすことのできるBOXを考えました。DIY によってBOXを自由自在に組み合わせることで、収納だけでなく机や椅子などの家具としても用途を広げることができます。
評価ポイント:①BOX収納の実用性 ②フレキシブルなレイアウト ③シンプルなデザイン


🏠 男性向けレイアウト


🏠 上京して頑張る女性向けレイアウト