特別講義

企業トップが「ユナイテッドアローズ」のブランド戦略を直接講義!

タグを見る

株式会社ユナイテッドアローズより、取締役 常務執行役員の東浩之氏にお越しいただき、トップ企業であるユナイテッドアローズの経営戦略についてお話しいただきました。ファッション業界への就職を考えている学生や、将来自分のブランドを立ち上げたいと考えている学生にとって為になる講義をしていただきました。


◆1番大事なのは「時代の流れ」に乗ること

会社を経営するうえで最も大切なことは、ニュース番組や新聞をチェックして時代の流れを敏感に感じ取り、環境の変化に対応すること。それができる人が会社を成長させます。


◆ユナイテッドアローズの経営戦略

デザイナーズブランドとオリジナルブランドの展開
国内外で調達したデザイナーズブランドと専属のデザイナーやパタンナーが商品開発を行うオリジナルブランドの商品をミックスしてセレクトショップを展開しています。


2つの商品戦略
納得がいくまで商品をつくり込んでから店頭に出す手法と、新しい商品を店頭に続々と追加していく手法の2つの戦略を店頭の様子に合わせて取り入れています。


店頭の意見を重視
「店はお客様のためにある」という考えのもと店舗経営を行っています。店舗スタッフへの聞き込みを欠かさず、お客様からクレームをいただいた際はすぐに対策を考えます。


◆ユナイテッドアローズの採用条件

ユナイテッドアローズでは学歴よりも洋服が好きなこと、接客が好きなことを重視。

東氏からは、「就職で大事なことはとにかく色々な会社をまわること」「仕事なんて慣れていけば誰でもできる。何より大事なのは洋服が好きなこと」など、就職活動を目前に控えた学生たちに向けて、様々なアドバイスをいただくことができました。