特別講義

『バーニーズ ニューヨーク』に学ぶ最先端ブランディング術

タグを見る

スペシャリティストア『バーニーズ ニューヨーク』を運営する株式会社バーニーズ ジャパンでセールスプロモーション チーフマネージャーを務める中野光章氏より、人々の心を掴む独自のブランディング術について講義いただきました。
『バーニーズ ニューヨーク』は、商品へのこだわりだけでなく独自のマーケティングプロモーションやイベント企画などにおいても時代を先取りし続けるブランドとして広く知られています。

人々の目を引く“ウィンドウディスプレイづくり”
ECサイトの乱立によって店舗離れが進む中、同ブランドでは付加価値のある“店舗作り”に力を入れています。
四季に応じてテーマを変え、時には著名シンガーやイラストレーターとのコラボレーションによって見る人を飽きさせない独創的なウィンドウディスプレイを展開してきました。
また、ディスプレイチェンジをあえて昼間の時間帯に行い、作業の裏側も演出として公開しています。

社会の課題を解決するブランディング
ブランディングテーマを立てる際には、社会的な課題の解決に貢献する姿勢も大切にしています。
昨年度は東京モード学園との産学連携として、女子の人権や教育について考えるための国際デー「国際ガールズ・デー」のプロジェクトに参画しました。
新宿店にて、学生たちが様々なメゾンから到着したばかりのコレクションを自由にフィッティングし、第一線で活躍するファッションディレクターやバイヤーからシーズントレンドや商品へのこだわりを学びました。

お客様の心をつかむ企画に加え、InstagramやtwitterなどのSNSが普及する中でインフルエンサーなどの個に負けない企業としての発信力の大切さについてもお話しいただきました。講義を通して、“バーニーズ流”の変化の波を捉えたブランディング術を学ぶことができました。