先輩の声

各種サポート制度 利用学生の声「2つの制度の併用」篇

タグを見る

東京モード学園には、「卒業までの学費」「初めての1人暮らし」も安心なサポート制度があります。奨学金、提携教育ローン、アルバイト・働きながら学べる制度から、提携学生寮・アパートマンションまで、多くの学生が制度を利用し、夢に向かって頑張っています。

今回は、『通学社員制度』と『日本学生支援機構奨学金制度』を利用し学ぶ先輩の声を紹介します。

ファッションの現場で働きながら、スタイリストの道を拓きます。

スタイリスト学科
三浦 健太(宮城県出身)

スタイリストを目指す僕が活用しているのは、「通学社員制度」と「奨学金」です。親に甘えず、自立して将来の目標をかなえたいと考えて、学校の提携企業で働きながら学んでいます。住まいは通学に便利な社員寮。家賃が良心的で、毎日の食事も用意してもらえるため、学業と仕事の両立が無理なくできます。
自分のコーディネートをショーで披露できる日を夢見て、ファッションの世界を究めます。


  • 三浦さんの1日
    7:00~寮で朝食
    9:00~授業。ファッションの感性や技術を磨く
    17:30~出勤
    22:00~帰宅。自習は毎日集中して行う

通学社員・アルバイト進学制度とは

自宅外通学をする人が、企業で働きながら学ぶための制度です。企業の寮に入居できたり、住宅補助があるので、住居の経済的負担も軽減できます。しかし、仕事と勉学の両立は肉体的・精神的な負担もあるので、通常のアルバイトのような発想ではなく、必ず卒業までやり抜くといった固い意志が必要となります。保護者とよく相談の上、決定ください。

日本学生支援機構奨学金制度とは

独立行政法人日本学生支援機構が運営する、国の奨学金制度で、多くの在校生が利用しています。第一種(無利子)と第二種(有利子)があり、いずれも在学中は無利子で、返還は卒業後7ヵ月後から始まるため、無理なく計画的に返還することができます。

制度の詳細については入学相談室まで問合せください。