先輩の声

[内定者の声]大切な仲間とがむしゃらに夢に向かって頑張れる

タグを見る

内定先

デザイナー三木勘也が手がけるレザーブランド『EKAM(エカム)』『RABD(アールエービーディー)』を展開する
RAIVE
職種:デザイナーアシスタント

内定おめでとうございます!
内定企業のインターンシップに参加してどうでしたか?

ブランドがつくり出すレザーアイテムやブランドの世界観がとてもカッコよく心に響き、インターンシップに参加したいと思うようになりました。
インターンシップでは実際に海外のファッションショーへ同行させていただき、モデルさんが着用している姿を間近で見ることで人ってこんなにパワーある物をつくり出せるんだと凄く実感しましたし、刺激を受けました。

モード学園への進学を選んだ理由を教えてください。

高校3年生のころ、服が好きで服について深く学んでみたいと思い、専門学校への進学を考えるようになりました。色々な学校の体験入学に参加しましたが、先輩たちが優しく親しみやすい印象でとても楽しかったです。また、モード学園の空気感が自分に合っていると感じ、進学を決めました。

実際にモード学園で学んでみた印象はいかがですか?

多くの学科がありファッション分野以外にも美容やメイク、グラフィック、インテリアなど少しでも学生のうちから他分野とコラボできることで視野や考え方が広がり、実際のプロの現場で役に立つと思いました

好きな授業はありますか?

「テクニカルパターン」という授業が好きです。テーマに沿った服の写真を持参し、そっくりそのまま作成する授業で、実際にパターンを想像したり、生地感を考えたりするのが楽しいです。服を制作する上で「パターン」はとても重要になるのですが、パターンの知識や理解を深められたことで、1・2年生の時に比べるとパターンや縫製力はだいぶ成長したと思います。

将来、どんな活躍がしたいですか?

『RABD』をもっと色々な人の手に届け、知ってもらいたいです。そのために今までに以上に服について勉強し、意味を持つ作品を最後まであきらめず制作していきたいです。そして将来的にはマルチに活躍できるようなクリエイティブな人になりたいです。

あなたにとってモード学園とは何ですか?

大切な仲間とがむしゃらに夢に向かって頑張ることのできる第2の家のような存在です。

最後に、入学を検討している方へ、
アドバイスはありますか?

今やっている事に自信や意味が持てないことってたくさんありますし、嫌だなって思うこともあると思うのですが、必ずやってよかったって思える日は来ますし、自分の自信へと繋がっていくので夢をあきらめずに何事にも一生懸命に頑張ってほしいです。

※2020年9月取材時点での情報です。