先輩の声

[内定者の声]“他の専門学校では得られない、他学科とのつながり”がモードの魅力

タグを見る

内定先

商業施設から飲食店、博物館や展示会など幅広く空間を手掛けるディスプレイ会社
ジーク
職種:設計・デザイン

内定おめでとうございます!
面接の際、一番アピールしたことは何ですか?

「クライアントに対し、思いやりのあるデザイナーになることを約束します」とアピールしました。
モード学園では「デザイナーというのは常に相手が何を求めているのかを考え、その半歩先の提案をするもの。それを可能にするのは、想像力であり、思いやりの心」ということを学びました。その学びが私の中で血肉化していたからこそ、内定企業に想いが伝わったのだと思います。

大学卒業後、社会人を経てモード学園に進学していますが、そのきっかけはなんですか?

もともと祖父が配管系の職人をやっていたため、何度か仕事を手伝う機会があり、高校生の頃から空間に携わる仕事に興味がありましたが、間近で苦労している姿を見ていたため、踏み出すことができず、大学では少し興味のあった法学の道に進みました。空間を手がけるメーカーの営業として就職し、働いている中でやはり空間に携わる仕事をしたいという気持ちが強く、自分の思いを込めた空間をつくりたいと再進学を決めました。

再進学を検討した際、モード学園を選んだ理由を教えてください。

モード学園にはインテリアだけでなく、ファッションやメイク、グラフィックなど様々な学科があり、他の専門学校では得られない横のつながりがあることに魅力を感じました。そこから得られる物の見方や考え方というのは自身の可能性を広げてくれたと思います。また、学生の就職活動へのサポート体制も素晴らしいです

好きな授業はなんですか?

「商業施設デザイン」という授業が好きです。この授業ではアパレルショップや飲食店などを設計し、3Dも作成するのですが、実際に利用するかもしれないお客様を想像しながら設計をするのは非常にわくわくしますし、3Dとしてイメージが可視化できるようになるとよりおもしろく、空間づくりの楽しさを改めて感じることができます。

モード学園に入学して成長したところはありますか?

パソコンの技術力が向上しました。今まで経験がまったくなかったのですが、3年生となった今ではパソコンで図面や3Dの作成もできるまでに成長しました

あなたにとってモード学園とは何ですか?

デザインとは何か、デザイナーとは何かを学ぶことができ、様々な分野の方と触れ合うことで、志向の幅も広がる。自身を成長させてくれる場所だと思います

最後に、入学を検討している方へ、
アドバイスはありますか?

最初は何もわからず不安になることも多いかと思いますが、担任や講師の方々が丁寧に指導してくださります。様々な分野の人と触れ合うことで必ず成長できます。頑張ってください!

※2020年9月取材時点での情報です。