『産学直結ケーススタディ』

名古屋モード学園生企画の「ちょうちん祭り」を開催! 名古屋の台所、ポスターデザインのNO.1が決定!!

タグを見る

名古屋綜合市場株式会社との産学連携プロジェクトとして、ファッションビジネス学科・グラフィック学科の学生たちによる販売促進企画からPRするポスターデザインまでを行いました。

名古屋綜合市場とは、2008年より地域の活性化と商店街の知名度向上を目的に『名古屋綜合市場活性化プロジェクト』を実施し、これまでにマスコットキャラクターや巨大壁面アートデザイン、各店舗のはっぴデザイン、ポスター制作などで協業してきました。



第21弾となる今回のプロジェクトでは、ファッションビジネス学科の学生18名が年末商戦の販売促進プランを企画。企業の方の前でプレゼンテーションを行い、水野 まやさんが提案した「ちょうちん祭り つづれ織りデザイン展覧会」が採用されました!

 



また、グラフィック学科の学生50名は名古屋綜合市場にある27店舗のPRポスターデザインを制作。直接店舗を訪問しリサーチをすることで各店舗ならではのつづれ織りデザインを考えました。

各店舗の作品は学生開設のインスタグラム(@nagoyasougoushijou)に投稿し、名古屋綜合市場に来場するお客様などの「いいね!」の数からグランプリ作品が決定!2019年12月17日(火)に表彰式が行われました。


★PRポスターつづれ織りデザイン グランプリ(いいね131)

鮮魚卸の山哲商店ポスター

グラフィック学科 結城結友・太田美有 

ポイント:同社専務の田中祥行さんが笑顔で腕組みする写真に「正直が一番」のキャッチコピーがポイント。




今回のプロジェクトでは、学生ではなかなか体験できない、まさに実際のプロの現場さながらの経験をすることができました。この貴重な経験は皆さんがプロになったときに、きっと背中を支えてくれることでしょう。


ファッション、美容、インテリア、グラフィック・・・

名古屋モード学園では興味のある分野を体験できるオープンキャンパスを毎月開催中!

申込みはコチラ⇒ https://www.mode.ac.jp/nagoya/apply