モード学園で目指せる職業

FASHION

ファッションは、モードで仕事になる

目指せる職種

ファッションデザイン

  • ファッションデザイナー

    ファッションクリエイションを行うデザイナーの一般総称。仕事の内容は幅広く、実際の現場では、細分化された担当分野を専門的に行う。

  • アパレルデザイナー

    ブランドテイストに応じ、各アイテムごとにデザインを実現するアパレル企業内のデザイナー。流行と業界動向に精通し、マーケットのニーズをとらえる能力が要求される。

  • メンズデザイナー

    新時代のメンズスタイルを提案するデザイナー。メンズスタイルが多様化する中、様々なニーズを敏感にキャッチし、ニューモードを発信する専門家が求められている。

  • キッズデザイナー

    キッズファッション専門のデザイナー。拡大しつづけるキッズ・トドラー(幼児)・ベビーのマーケットに対応し、デザインと機能性や動きやすさを兼ね備えた製品を実現する。

  • ニットデザイナー

    世界のアパレル製品の半数を占めるニット・カットソーを専門にデザインする。素材、ゲージ、カラー、デザインをトータルで手がけるための専門知識が必須。

  • オートクチュールデザイナー

    高級注文服を創るデザイナー。創造力を発揮し、顧客の魅力を最大限に引き出す技術が重要となる。現在は、プレタポルテ(高級既製服制作)とかけもつケースが多い。

  • インディーズデザイナー

    企業に所属せず、自身の力でブランドを立ち上げ、独自の方法で展開する。企画・デザインから販促までと幅広いため、感性とともに、マルチな能力や知識、モチベーションも必要。

  • ステージ衣装デザイナー

    舞台・映画・テレビ・ライブなど、舞台衣装専門のデザイナー。イベントの設定やイメージを的確に把握し、個性を活かしたコスチュームを提供する。

  • テキスタイルデザイナー

    素材(織物・編み物・繊維)を生み出すデザイナー。素材の特性を踏えたデザインを生み、商品として開発する。ファッションだけでなく、インテリアの世界でも活躍している。

  • ブライダルデザイナー

    ブライダルドレスを専門に、デザイン・制作を行う。限られた素材の中で様々なテイストやシルエットを実現するための発想力・独創力が重要となる。

  • ユニバーサルファッションデザイナー

    健常者、障害者、高齢者などすべての人々に魅力的なファッション商品をデザインする。機能性、ファッション性ともに優れていることが強く望まれていることから、専門性の高い職種としてニーズは高い。

  • スポーツウェアデザイナー

    野球、サッカーなど、スポーツアパレルを専門にデザインする。センスだけでなく、特殊素材の知識や競技パフォーマンスを向上するための分析力が必要。

  • ランジェリーデザイナー

    ランジェリーをはじめ、インナー、アンダーウェアを専門に手がけるデザイナー。体にフィットするデザインや機能性などが重要なアイテムのため、緻密さが要求される。

  • ファッションディレクター

    ブランドのデザイン責任者。チーフデザイナーとしての仕事だけでなく、流通・クオリティをトータルに管理し、ブランドコンセプトを保持する重要な役割。

  • 雑貨デザイナー

    日常生活にある様々な雑貨のデザイナー。ライフスタイルの変化を敏感にキャッチする感性と、機能性を考慮した企画力・デザイン力が必要。

  • バッグデザイナー

    トレンドを意識しながら、様々な顧客のニーズに応えるバッグを生み出すデザイナー。ターゲットのT・P・Oを考慮したデザインが求められる。

  • 帽子デザイナー

    コーディネートのスパイスとなるアイテム、帽子を専門に手掛けるデザイナー。素材やシェイプ、配色など、トータルプランニングのできる表現技術と高いセンスが必要。

  • シューズデザイナー

    ファッションの最重要アイテムともいわれる靴のデザイナー。加工法に関する知識・技術をもとに、用途や足型に合せた心地よい使用感や、ファッション性を追求する。

  • アクセサリーデザイナー

    指輪、ネックレス、ブレスレット、ピアスなど、装身具を創造するデザイナー。素材特性の知識と、高度な加工技術がポイントとなる。

ファッション技術

  • パタンナー

    デザイン画をもとに洋服の型紙(パターン)の制作や、縫製のための指定を行う。デザイナーのイメージ通りの形に仕上げるための発想力・専門知識・技術が不可欠。

  • アパレルCADオペレーター

    コンピュータを使ってパターン制作、グレーディング、マーキングまでを行う、アパレルCAD のスペシャリスト。確かな技術・知識を、デジタル化が急速に進む業界で発揮する。

  • メンズパタンナー

    トラディショナルなジャケットから、モードシルエットまで、精密なメンズパターンを制作する。メンズパターンは最も基本が重要な分野のため、確かな技術と知識が必須。

  • キッズパタンナー

    キッズ・トドラー(幼児)・ベビーファッションを専門に扱うパタンナー。成人用のパターンとは大きく異なるため、キッズファッションの専門知識や経験が重要となる。

  • グレーダー

    マスターパターンから、サイズ展開したパターンを制作する専門家。コストや生産効率なども考慮したパターン展開が求められる、重要なポジション。

  • モデリスト

    デザイナーのイメージを具現化したパターン制作から副制作の全工程のコントロールや素材・生地選び、コスト管理、最終製品の品質管理などを行う。高度な技術と知識が求められる。

  • 生産管理者

    製品の生産から納品までを管理する人。生産工場の能力、素材の特性、加工技術などを充分に理解し、クオリティコントロールをする。

  • ソーイングオペレーター

    オートクチュールから舞台衣装、服飾雑貨など布製品の縫製を手がける専門職。縫製技術が不可欠な職種。

スタイリスト

  • CMスタイリスト

    広告・宣伝を中心に活躍するスタイリスト。広告イメージに合せ、モデル・タレント・衣装・小物・セットなどをトータルにスタイリングする。

  • 雑誌スタイリスト

    ファッション誌など雑誌を中心に活躍するスタイリスト。テーマやシーズンに沿ったイメージを誌面で展開するために、小物やシチュエーションまでを総合的に演出する。

  • ファッションスタイリスト

    ファッションについての深い知識と感性を持ち、イメージを創り出すスタイリスト。マスコミやファッションショーなど、その活躍範囲は広い。

  • 雑貨スタイリスト

    雑貨を専門に扱うスタイリスト。ファッション雑貨、インテリア雑貨、ステーショナリーなど、デザイン性の高いアイテムを幅広くチョイスできる眼が必要。

  • ステージ衣装スタイリスト

    コンサート、ライブ、演劇など、舞台衣装を専門に手がける。出演者のイメージに合せた個性的なスタイリング提案ができる感性と、基本的なソーイング技術が求められる。

  • ブライダルコーディネーター

    ドレスやメイク・ヘア、ブーケ、コサージュまで、ブライダルに関わるアドバイスを専門に扱う。個性やニーズに合せたコーディネート力・対応力が必須。

  • パーソナルスタイリスト

    お客様の個性を活かし、自らの環境の中で輝くための個人スタイリスト。顧客満足を上げる仕事として、注目されている。

  • イベントプランナー

    ファッションショー、プロモーションなどのイベントを立案する人。ユニークな発想と感性は必要不可欠。時代を表現する仕事として、注目されている。

この職種を目指せる学科

卒業生の主な就職先

アドバンステージ、アバハウスインターナショナル、イデビュ、イマニシ、エイムインターナショナル、エムズ、オオイケ、オンワード樫山、キャンデラインターナショナル、クリエイトワークス、クロスプラス、ケティ、コードナイン(AULA AILA)、スタイレム、ファイブワン、フォーティワン、フシミプランニング、ブレンディング、ベイクルーズ、ベベ、マッシュスタイルラボ、ユミカツラインターナショナル、ララ・コーポレーション、ロートレ・アモン、ワコール、東京スタイル、AGE、BIG G INK、BOOBEE、Diff、Majeste Froisse、NFL、plus81 他