『産学直結ケーススタディ』

【読売新聞×東京モード学園】 パラスポーツを応援!義足の女性アスリートらによるファッションショーを開催!

タグを見る

義足をより身近に感じてもらおうと、読売新聞社と義肢装具の製作や訓練の最先端を担う鉄道弘済会が主催した「義足アスリートファッションショー」にてメイク・ネイル学科の学生が読売新聞との産学連携プロジェクトを実施しました。



本ファッションショーは、パラスポーツを応援する東京都主催イベント「BEYOND FES 日本橋」でのステージイベントとの一環として開催。今回、女性アスリートから小学生といった10名の女性に対し、学生がヘアメイクを施し、ファッションショーを盛り上げました。



学生たちは、衣装に合せたヘアスタイルやメイクを1時間程度で仕上げていきます。時間との勝負の中でも、モデルさんとの会話を通してそれぞれの人柄や好みを伺い、顔立ちやスタイリングに合せてプロさながらにヘアメイクを完成させていく姿はとても印象的で、日頃の学びの成果が発揮されているのが感じられました。



集まった観客約200名に見守られる中始まったファッションショー。笑顔でステージに立つモデルさんたちのいきいきとした姿に、学生たちは嬉しさと達成感を味わっている様子でした。


今回のプロジェクトでは、パラスポーツに触れるきっかけにも繋がる貴重な経験となりました。

これからも東京モード学園は、ファッション・デザイン・美容など、様々な企業・団体とのコラボレーションで社会貢献に積極的に取り組んでいきます。


ファッション、美容、インテリア、グラフィック

東京モード学園では興味のある分野を体験できるオープンキャンパスを開催中  
申込みはコチラ https://www.mode.ac.jp/tokyo/apply/22229